プロフィール

銭形

Author:銭形
 ★プロフィール
名前:銭形(もちろんHNです)
性別:男
年齢:30台前半
仕事:就職課にて学生指導
趣味:競馬、ビリヤード、読書、最近ゴルフを(打ちっぱなしですが)始めました。

 ★ブログの説明
就職に関すること、日々思うことなど徒然に語っていきます。
コメント・リンク大歓迎です。
お気軽に!
ただし商用TBや怪しげなコメントは削除させて頂く場合があります。

 ★もう一つの顔
→ 銭形日記とでも言おうか

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

こちら銭形の就職課♪
専門学校にて就職指導をしている銭形が、あなたの就職活動を応援します! 就活生さん、必見です!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

履歴書の書き方4
前回は志望動機の注意点までお話しました。

さて、注意点を確認したうえで志望動機を書くわけですが
ここでのポイントとして、

『職業観』と『志望動機』

のつながりを意識してください。つまり、どういうことか
と言うと、


「私は、○○○と考えています」  =『職業観』
       ↓
   (そんな私だからこそ)
       ↓
「御社の○○○に魅力を感じている」=『志望動機』

という一連の流れが出来上がり、あなたがその会社を志望している
理由を読み手に納得させやすくなるのです。
説得力のある履歴書を完成させるために、ここは重要になってきます。

③目標とは?
 入社して「何」を成し遂げたいのか、どういった社会人になりたいのか。
『将来像』と考えてもらってもいいです。
 さて就職活動の目的は確かに、「内定」する事ですが、しかしそれで
終わりではないですよね。「入社」してその後「何」を目標としてやって
いくのか、頑張っていくのか。社会に出ることを考えたとき、なにより
大切になってくる部分です。

 何故、志望動機に『目標』が必要なのでしょう?

 答えは、『目標』のある人物はその為に努力をすることが出来る、からです。

スポーツにしても勉学にしても『目標』を持ってやらなければ上達はしません。
それは例えば、

「半年後にはレギュラーになってやる!」
「次のテストでは学年10位に入る」

といった決意、想いだったりします。こういった強い気持ちがひとを努力させ
結果に導いてくれるのです。

社会に出ても同じですね。夢を持って、目標を持って頑張ってくれる学生さんを
企業は欲しているのです。ただし、あまりにも実現不可能な突拍子もない目標は
マイナスになりますので良く考えて下さいね。

以上の①職業観、②志望動機、③目標 をうまくまとめれば首尾一貫した読みやすい
『志望動機』の完成です。①→③への流れが一番書きやすいですが、例えば①と③を
ひとつにまとめて最初に書き、②で締めるのもいいかもしれませんね。


さて、少し現実的なお話をします。
2007年問題と呼ばれる、いわゆる「団塊の世代」大量退職による人材確保の為
ご存知の通り今は圧倒的な「売り手市場」です。はっきり言って、それほど苦労を
しなくても、適当に書けた履歴書で、そこそこの面接準備、ぼちぼちの筆記対策でも
「普通にそれなり」の会社に入ることはそれほど難しくはありません。まともな
コミュニケーションが取れて、一般的な常識を持っている学生さんなら。
何をもって「普通にそれなり」程度なのかは、皆さんの判断に委ねますが、ここで
是非にも伝えたいのは、

大して苦労せずに入社した会社で高いモチベーションを保ち続けられますか?

という事です。
「自分はやれるだけ頑張った」という判断のハードルは人によって様々なので一概に
言い切れるものではないでしょうが、確実にいえる事は、

周りのモチベーションが低い環境で自分だけ高い意識を持ち続けるには、かなりの
強い「意志」が必要


だという事です。そして強い意志を持っている人は大抵自分に対するハードルが高い
人物だという事。
全ての学生さんが、努力家で常に上を目指すような上昇志向だとは思いません。
地面すれすれにハードルを置いて、今が楽しければそれでいいという方もいれば、
常に上を見て、昨日より今日、今日より明日と一歩一歩成長しようという方もいるでしょう。
否定する気も批判する気もありません。人それぞれですからね。

ただ、この就職活動という人生の第二のスタートを控えて、ここで妥協に妥協を重ね、
悪い意味での適当な努力で就職をしてしまっていいのでしょうか?

人は簡単に手に入ったものは、簡単に諦めてしまいます。

新卒という一生に一度しかない機会をそんなに簡単に終えていいのでしょうか?
せめてこの時期だけでも、少しだけハードルを高く設定して頑張ってみませんか?
その努力のひとつとして『よい履歴書』の作成に取り組みましょう!

ここでの努力は書類のみならず、面接の場でも必ず生きてきます。

忘れずに。では、今回はこのへんで。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zenigata3.blog84.fc2.com/tb.php/18-a252a54b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。