プロフィール

銭形

Author:銭形
 ★プロフィール
名前:銭形(もちろんHNです)
性別:男
年齢:30台前半
仕事:就職課にて学生指導
趣味:競馬、ビリヤード、読書、最近ゴルフを(打ちっぱなしですが)始めました。

 ★ブログの説明
就職に関すること、日々思うことなど徒然に語っていきます。
コメント・リンク大歓迎です。
お気軽に!
ただし商用TBや怪しげなコメントは削除させて頂く場合があります。

 ★もう一つの顔
→ 銭形日記とでも言おうか

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

こちら銭形の就職課♪
専門学校にて就職指導をしている銭形が、あなたの就職活動を応援します! 就活生さん、必見です!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すみません。
皆さん、新年を迎えて気分一新、就活頑張ってますか?
就職課の銭形です。

最近サボり気味ですみません。
部署の移転やら、次年度学生のための準備やらに追われていまして
なかなか記事を更新できませんでした。

こんな言い訳しておいて言うのもなんですが、皆さんは、

「忙しくて、出来ませんでした」

なんていう言い訳はしないようにしてくださいね。
社会でこれを使うと、『時間管理もできない奴』という評価を
受けてしまいます。
自己管理できる社会人になりましょうね。

では、短いですが今回はこの辺で。
就職対策(自己分析)
就活してますか?! 就職課の銭形です。

さて今回のテーマは
『自己分析』

う~ん、難しいテーマですね。そしてとても重要なテーマでもありますね。
ここで自分の適性や志向と違う方向へ行ってしまうと、社会へ出てから
苦労をすることになりますよ。もちろん、社会に出れば、みんな様々な
辛い思いをしますけどね。これはまた別の話で。

さて、自己分析では大抵、自分の人生を振り返る所から始めますが、
今回はそこには触れません。当たり前のことですが、過去の積み重ねが
現在の自分だということを改めて認識するようにしましょう。
それをきちんと理解した上で、次の段階は、

「志向」分析

になります。早い話が「やりたいこと」という意味です。
私は就職指導をしていて時々こう思います。

「好きなこと・やりたいこと」=「理想の仕事」

という公式は必ずしも成り立たないなぁ、と。

「理想の仕事」=「適性がある・就職できる」

という公式も同じく。

全否定しているわけではありませんから、気を悪くしないで下さいね。
仕事に就くに当たって、「好きである」ことは必要なことではありますが、
絶対に、ということはないのです。
それに、「嫌いなこと」を仕事にする必要はないですし、就職しても
長続きはしないでしょう。
ここで言いたいのは、

「好きだから」といって、出来るとは限らない。

と言うこと。大切なのは「好きなことを仕事にするために」努力をしてきた
かどうか、なのです。わかりやすい例を出すなら、ゲームをやるのが好き
だからといって、ゲームしかやってないのにゲーム系の仕事(PG・デザイナ・
プランナ)に就けるってことにはならないですよね。この程度の好きなら、
一生趣味として持っているほうが幸せです。

「好きなことを仕事にする為に、
      あなたは真剣に(最大限の)努力をしてきましたか?」


夢を追う権利は誰にでもあります。しかし、夢を実現する権利は残念ながら
努力をした人にしかありません。これが現実です。

少々、手厳しい事を言ってしまいました。さて、実際には、自分が何をしたい
のか分からない。どんな仕事に向いているのかはっきりしないといった学生さん
は多いのではないかと思います。
そんな方は無理に今、自分が何をしたいのかを決めなくてもいいのでは?
と思います。
まずは、ちょっとでも興味のある事について考え、調べてみましょう。それから
少しでも多くのセミナー・説明会に参加して、多くを知るようにしてみましょう。
それでも、「自分に合う仕事」が見つからないなら、割り切ってこう考えましょう。

「お金を稼ぐ・生きるために働く」

と。
社会に出れば、(あなた次第ですが)本当に多くのことが学べます。その中から、
いつか本当に「やりたい」と思える仕事に出会えるかもしれません。その時の
為の準備期間だと思うようにしては如何でしょう。

仕事は「余暇」の為だと考えるのもいいかもしれませんね。

今、やりたい仕事がないなら、とりあえず「やりたくない」仕事を考えましょう。
それ以外の仕事なら、受け入れられる可能性があるはずですから。

夢のない話をしてしまいましたが、無理に「やりたい事」を捜し求め、当ての無い
「自分探し」をして、そのままニートやらフリータやらになってしまうのでは
もったいない。どんな仕事でも、かならず意味があり、やりがいがあるはずです。
それに気づくかどうかは、本人次第なのです。

夢を持って働くのは素晴らしいことです。
「あなたは、何のために働くのですか?」と聞かれて

「自己実現・夢のためです」と答えられたら、それは確かに格好いいでしょうね。

しかし、

「生きるために働くのです」と答えて、何かおかしいでしょうか?これって
格好悪いことですか?

そんなことないですよね。なぜなら「働くこと」の第一の意義は「お金」なの
ですから。人はまず、生きるために働かなければならないのですから。

そこで稼いだ「お金」で、例えば、プライベートを充実させてもいいでしょう。
趣味に使ったり、何か習い事をするのもいいかもしれませんね。恋愛に使っても
いいですし、ただ貯金として貯めるのもひとつの生き方です。

「自己分析」はとても重要な課題です。しかし、気をつけないといけません。
そもそも「自己」を客観的に「分析」する力を身につけていなければ、答えは
出せないのですから。

今、すでに目標が決まっている学生さんはまず、それを疑うことから始めましょう。
そのことに固執しすぎると視野が狭くなります。そして視野が狭い人ほど、自分の
世界観に執着する傾向があります。これでは、もったいない。あなたには、他の
大いなる可能性があるのかもしれないのです。もちろん、自分に疑問を投げかけ、
それでもやりたい事が変わらないのなら、きっとそれがあなたの「目指す仕事」
なのでしょう。その時は、できる限り精一杯の努力をして下さい。それが出来ない
のなら、それはやはり、あなたのやりたい事ではないのですよ。


自己分析には終わりはありません。恐らく一生続けていくものなのだと、私は
思っています。ただ、一つ言える事は、

「学生時代の就職活動程、自分自身について深く、真剣に考える機会はない」

という事です。
今を大事にして下さいね。

分析の方法ではなく、お説教っぽくなってしまいました。

「方法」なんて実はそれ程、重要ではないんですよね。大切なのは心構え。そして

『覚悟』

どうしてもマニュアルに従いたい人は、本屋で立ち読みしましょう(笑)



就職対策(企業研究)
就職活動始めましたか?
こんにちは、就職課の銭形です。

さて、今回のテーマは次回予告したとおり就職対策の説明。
ひとつめは、

『企業研究』

少し昔話を。私が学生だった頃(約十年前)は「超氷河期」と
呼ばれる程の就職難でした。ネットもまだまだ普及しておらず
会社への資料請求は主にハガキ。男性はともかく、女性はこの
資料請求を100社送って、数社の返信があれば御の字なんて
時代でした。今はウェブで会社情報を手に入れ、ウェブで
セミナー申込をして、ウェブで適性試験を受験して・・・・
便利な時代になったものです。

さて企業研究ですが、実は特におすすめの方法はありません。
なにぶんネットで大抵の情報は集まる今日、比較研究の為の
データは簡単に集まるでしょう。
ただ少しだけ伝えておきたいことがあります。

まずは、他人の意見に左右されて進路を決めないこと。人の意見を
聞くなという意味ではありませんよ。就職するのは自分だという
事実を忘れないように
ということです。もちろん年長者や友人からの
アドバイスなどは大変ありがたいものです。時には目から鱗の新しい
発見もあるかもしれません。でも「決定」をするのはあなた自身だと
いうことを忘れずに。

そして、業界(業種)にこだわり過ぎないこと。これは視野を広く持と
うということ
です。長い人生において、今ほど色々な会社や業界を
知り、研究する時期はありません。この機会に自分が求めている業種
以外の世界も覗いてみましょう。見聞を広めるという意味もあります。
決してマイナスにはならないはずですよ。自分の知らない世界を知る
いい機会になるはず。
多くを知るということは、それだけ可能性が広がるということです。
今あなたが希望している事(=目標・夢)以外の新しいモノが発見
出来るかも?

「今の希望を変えるつもりなんてない!」

という声が聴こえてきそうですが、それでいいのですよ。様々な
可能性を見た上で、そう言えるのならそれはきっとあなたにとって
本当に理想の仕事なのでしょう。ここで言いたいのは、未来は多くの
選択肢で溢れているということ。そして人生、どんな時でも選択肢は
多いに越したことはないということです。
確固たる信念を持って、しかし柔軟な考えで企業研究に取り組みましょう!

最後に、掲示板はあまりあてにしてはいけませんよ(笑)

テーマ:転職活動 - ジャンル:就職・お仕事

今から始めよう!
こんにちは♪ 就職課の銭形です。

さて、私の勤める学校でも来年度に就職を控えた学生達がその準備の為に
授業を受けています。意識の高い子は既に幾つかの企業展を回り始めました。
気の早い企業になると年内にセミナーと称して会社説明会を行いそれに
参加していないと受験資格すら与えないなんてところもありますから、皆さん、
志望企業があれば就職サイトなどで早めにチェックしておきましょうね。

最近学生から良く受ける質問が、
  「何から始めていいのかわからない」
  「気ばかりあせってどうすればいいのか?」

はい、得てして真面目な子ほど、あせってしまう傾向にあるような気がします。
そして就職に対する気持ちが強いほど、こういったジレンマに陥ってしまいますね。

今あせってしまわない為に、どうすればいいのか?

「答えはありません」

ちょっと意地悪な回答になってしまいましたね。

あせって普通なのです。まずは自分のその気持ちを素直に認めましょう。それが
就活への第一歩です。私はそう考えています。何かを始めようと思っていなければ
そんな気持ちになるはずもありませんしね。「何かしなきゃ」と考えた時点で
あなたは立派に就活を始めているのです!でも考えているだけでは先へは進みませんね。

では、、あせる気持ちを受け止めた上で、今やれることを考えましょうか。
何が出来ますか?

企業研究? 自己分析? 履歴書対策? 筆記試験対策? 面接対策?

正解は・・・・全部です!今度は一転、厳しい答えです。
もちろん既にある程度企業を研究し、そこそこ自己分析を終えて、履歴書もまあまあ
書けている学生さんもいるでしょう。バイトもしてるからコミュニケーションも
それなりにイケるし、SPIの参考書も一冊は目を通したし・・・・なんていう意見も
あるかも?

少し嫌味な書き方をしましたが、これだけは忘れないで下さい。

「努力に上限なんて存在しない」

自分で自分に「これだけやったのだから十分だ」なんて言ういい訳をしないで下さい。
そう思った時点であなたの成長は止まります。これは就活だけでなく、人生すべてに
おいて言えることです。努力に裏づけされた「自信」は大切ですが、それ以上に
「謙虚」であることは重要ですよ。

現時点で既にある程度上記の対策を済ましている方は更なる上を目指して、日々勉強し
続けましょう!
まだこれからという方、今からでも始めましょう!一日でも一時間でも早く開始した
ほうが、それだけ多くのものを積み重ねることができるのですから。一番手軽に
始められるのは、「自己分析」かな?まずは自分の志向を知り、それから
「企業研究」にいってみては?


というわけで、それぞれの対策について次回から順次書いていきたいと思います。

テーマ:■就職活動 - ジャンル:就職・お仕事

SBの功罪
何をやるにしても、随分と話題を振りまいてくれるソフトバンクの
孫社長。ADSLサービス「YAHOO BB」の時もそうでしたが、
今話題の「番号ポータビリティ制度」への移行時に大々的に発表した

『0円』広告

当面の独り勝ちキャリア「AU」(KDDI)からの指摘を受け、公取委まで
出てくる始末になりました。まあ、詳細は省きますが、結局はSB側が引き
下がることで、決着を見た感はありますね。

確かにあの広告はいわゆる『景品表示法違反』に当たるでしょう。
『0円』をでかでかと表示させ、その前提となる契約条件は小さく書かれて
いる。消費者を誤認させる『有利誤認』に該当します。
さらに「基本料金70%引き」表示も、キュンペーんが継続されるなら
実態のない定価に対する大幅割引価格として『不当表示』に該当すると指摘され、
こちらは1月16日以降は継続せずとの決定へ。当面、様子見を決め込んでいた
ユーザーから見ると、乗り換えへの期限が確定してしまったことになります。

さて、実はこの騒動、これで終わりではないんですね。

孫社長も黙って引き下がるような人物ではありません。
KDDIへの逆襲に、AU・ドコモ・ウィルコムのパンフ・CM等の違法性を
公取委に訴え、こちらへも調査のメスが入る始末。煽りを喰らった感のある
ドコモ・ウィルコムサイドは気が気でないでしょうね。

ご愁傷様の一言です(笑)

さて、実は私、前職はこの通信業界に携わっていました。自分で言うのも何ですが、
勉強家で、各キャリアの知識に長けていたのでドコモの代理店向け広報に協力を
したこともあります。その立場から言わせてもらうと、

顧客はキャリアやメディアが騒ぐほど、今回の制度(番号ポータビリティ)に
 興味はないし、この騒動に対しても、あ、そうなんだ、程度の認識しか持たない


一部の新しいもの好きが、深く考えずこの制度に飛びついたのは事実ですけどね。

こと「景品表示」に関して言えば現在でも保険や金融商品などのパンフレットは
細かい条件が多く、理解しがたいのが現状でしょう。そして、ここからが重要。
では、そういった細かい条件や顧客にとってのデメリットを大きく表示することや
あるいは、詳細に説明することが一般人に受け入れられるのか?

答えは「

大半の人(私を含め)は、面倒くさいんです。細かい事を考えるのが(笑)販売側が
顧客に対して説明義務を負うのは当然のことですが、説明している方が思うほど
相手は勉強していないので、結局は、「それで、いいよ」で終わってしまう。
問題は複雑すぎるということ。今回の話題で言えば、料金プランは多種多様。
オプション設定も購入時に割引の為に必須で選ばされ、複雑な条件が付いている
為、理解しがたい。
顧客の利用度に応じて選べるという利点はあるが、実は、分かりづらいというのが
ユーザーの本音。とりあえず、勧められたからと適当なプランを選択し、その後も
変更しないで損をする。というより損をしていることにすら気づかないのが実際で
はないかな。そして実はキャリアにとってそういった不勉強な顧客程おいしい客は
いない。

一時ツーカーの『シンプルフォン』が爆発的に売れましたよね。
これが答えじゃないかな。単純で分かりやすい。

この『番号ポータビリティ』制度で最後に笑うにはきっと顧客が最も求めている
「単純さ」をプランで打ち出す必要があると思う。解りやすくてお得って、ね。

さて、タイトルの「SBの功罪
功罪の「功」も「罪」も触れていませんが、そこは皆さん自身で考えて下さい。
今回、話題としては少し古いものになりましたが、自分なりに考えて答えを出す
という行為はとても重要です。常に新聞などを読み、考える癖を付けておきましょう!
面接での話題にもなりますし、作文・論文の練習にもなりますよ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。